ローヤルゼリーの老化防止効果

 人間の身体が年齢とともに衰えていくのはごく自然のことです。
しかし、できるならば歳を取っても健康な身体でいたいと思うことも、また自然なことであるといえます。
 健康食品の王道・ローヤルゼリーには、老化防止に効果を発揮する成分が豊富に含まれています。
今回は、ローヤルゼリーの老化防止効果についてご紹介していきます。

ローヤルゼリーにはどんな老化防止効果があるの?

 老化防止といっても様々なものがありますが、ローヤルゼリーは具体的にどのような症状に対して効果を発揮するのでしょうか。

シミやソバカスを防ぐ美肌効果

 ローヤルゼリーには、新陳代謝を高め、肌の生まれ変わりを促進する効果を持ちます。
そのため、シミやソバカスを予防でき、美しい肌を保つことができます。

 また、ローヤルゼリーはホルモンバランスを整える働きを持ちます。
女性ホルモンが不足すると、皮脂が増える、ニキビができる等の症状が表れます。
そのため、ホルモンのバランスを一定に保つことは、スキンケアにとっても重要といえるでしょう。

デトックス効果で体内の老化を防ぐ

 健康になるためには、老廃物がなく、細胞が活性化された状態である必要がありますが、ローヤルゼリーは血行を促進して身体の老廃物を体外へ排出する効果を持ちます。
 まず、血行促進によって内臓や骨・筋肉などの細胞、そして皮膚細胞までもが活性化し、生まれ変わります。
そして、老廃物を排出することにより、病気や身体の酸化をも防ぐことができるのです。

自律神経正常化でストレス解消

 現代の日本人は日々多くのストレスに晒され続けながら生きています。
しかし、そのストレスこそが、身体を老化させる原因となっている可能性があります。
ストレスを感じることにより、体内では活性酸素が分泌されます。
この活性酸素は身体を酸化させる、つまりは老化現象の引き金となるのです。
 現代社会で生きる以上、ストレスを全て解消することはできません。
だからこそ、ローヤルゼリーで自律神経を正常化することは、老化を防止して健康な身体を保つために大切です。

ローヤルゼリーに含まれる老化防止成分

デセン酸

 ローヤルゼリー特有の成分で、自律神経を整える効果、血行促進効果を持ちます。
この二つの効果により、ストレスによる老化、および老廃物の蓄積による老化を予防することができます。
 また、自律神経が正常化すると女性ホルモンの分泌が増えます。
そのため、肌の若返りにも効果を発揮します。

類パロチン

 若返りホルモンと呼ばれる類パロチンは、筋肉や骨等の機能維持・発達促進に効果を発揮する「パロチン」と同等の作用を持ちます。
パロチンは25歳まで人体で盛んに生成されますが、歳を取るごとにその生成量は減っていきます。
そのため、若いうちから積極的に類パロチンを摂取することで、筋肉や骨の老化を防ぐことができます。
 

ペプチド

 ペプチドは、活性酸素を抑制して身体の酸化を防ぎます。
活性酸素は細菌やウイルス等の外敵から身を守るために必要不可欠ですが、その殺菌効果が強すぎるが故に自身の身体をも酸化させてしまいます。
そのため、この活性酸素の働きをコントロールできるペプチドは、老化防止のために非常に有用と言えます。

 ローヤルゼリーは肌・筋肉・骨・内臓・神経の全ての老化を予防する効果を持ちます。
加齢による体機能の低下は避けて通れません。
しかも、それら全てを若々しく保つことは、通常の生活ではなかなか難しいことです。
 しかし、ローヤルゼリーには、その全ての健康を改善・維持する効果があります。
一生涯健康で生活するためにも、ローヤルゼリーをご検討してみてはいかがでしょうか。
(参考)http://www.rosebudllamasutah.com/anntieijinngu.html
http://www.ljsbbq.com/roukanokannkei.html