DHA、EPA配合のローヤルゼリー

 病気予防から美肌効果、アンチエイジング効果など多くの健康効果を発揮するローヤルゼリー。
そんなローヤルゼリーの中には、不飽和脂肪酸であるDHAとEPAを加えることで、健康効果を更に高めたものがあります。
DHAもEPAも体内では作ることのできない貴重な栄養素ですが、具体的にはどのような効果を持つのでしょうか。

まず「不飽和脂肪酸」って?

 DHAとEPAはどちらも不飽和脂肪酸と呼ばれる栄養素の一種です。
不飽和脂肪酸は主に魚の脂に多く含まれ、血中コレステロールを抑え、血液をサラサラにする効果があります。
魚が健康に良いとされるのは、この不飽和脂肪酸の効果によるところが大きいといえます。
 不飽和脂肪酸と対になるものとして、飽和脂肪酸があります。
こちらは牛や豚など動物性の脂に含まれ、血中コレステロールを高め、血液をドロドロにします。
したがって、肥満やメタボリックシンドロームの原因となってしまいます。

DHAの健康効果

 DHAは「脳を健康にする」栄養素であると言われています。
具体的には以下のような効果があります。

脳の発達促進

 脳神経細胞にはDHAを元として作られているものが多くあります。
そのため、DHAを摂取すると脳の発達が促進されると言われています。
特に、発達が盛んな成長期にDHAを多く摂ることで、効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

認知症予防

 DHAは脳内の神経細胞を活性化させ、伝達を促進する効果があるため、認知症を予防することができます。
 

中性脂肪の低下

 DHAは中性脂肪の生成を抑え、逆に分解を促進します。
中性脂肪はメタボリックシンドロームの原因となり、様々な病気へ発展することから、これを抑制することは非常に重要です。

EPAの健康効果

 DHAが脳を健康にするならば、EPAは「血液を健康にする」栄養素です。
具体的には以下の効能を持ちます。

血液サラサラ、血行促進

 血液をサラサラの状態にするので、脳梗塞や心筋梗塞を予防します。
また、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を抑制するとともに、善玉コレステロールを増加させます。
医療においても、高脂血症の薬としてEPAエチルエステルという薬品が使用されています。

アレルギー改善

 アレルギーを引き起こす物質に「プロスタグランジン」というものがありますが、EPAにはこの物質を抑制する効果があります。
アトピーや花粉症等、多くのアレルギーに対して効果が期待されています。

免疫力の向上

 EPAは血流を促進して新陳代謝を高めるため、その結果として免疫力が向上します。

 DHAとEPAはどちらも不飽和脂肪酸と呼ばれ、青魚に多く含まれます。
DHAは脳に対して高い健康効果を持ち、脳の発達促進や認知症予防に効果的です。
対してEPAは、血液に影響する健康効果を持っており、脳梗塞や心筋梗塞の予防、免疫力の向上などに効果を発揮します。
上記のような効果から、DHAは「乳幼児」、EPAは「成人」が飲むと効果が高いとされています。
 このような効果を持つ2種類の不飽和脂肪酸を含むローヤルゼリーは、通常のローヤルゼリーよりも高い健康効果を持ちます。
幼い子どもからご年配の方に至るまで、幅広い年齢層に対して有効であることが、DHA・EPA含有ローヤルゼリーの特長であるといえるでしょう。